お庭造りの材料

ネットで購入したウェスタンレッドシダーが酷い有り様で大失敗。ソフトウッドはホームセンターでの購入するべき

2022年5月1日


世の中はGW真っ最中ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

わたしは連休中にいろいろと作りたいものがあるのですが、今のところ天気に恵まれなかったり、天気の良かった昨日は用事があったりなど、いまいち思い通りに作業出来ていません。作業場が溢れかえった材料で大変なことになっているので、残りの期間でなんとか作業を進めないと…。

そうそう。そういえば今回の連休でのDIY作業の為に取り寄せた材料なんですが、久しぶりに大失敗です。本当に、酷いのがきちゃったんですよ。

届いた材料をみてなんじゃこりゃ~ってなったのがこれ。

10フィート(約3m)の2×4のウェスタンレッドシダーです。家の中で使う家具にはウォルナットやオークといったハードウッドも使いますが、わたしはウェスタンレッドシダーが一番好きですね。柔らかくて傷が付きやすいのは難点だけど、木目の表情や優しい色調、そしてなんといっても独特の香りが好きなんです。

そんなわけで今回も家具製作用にとウェスタンレッドシダーを購入したんですが、こんなにぐにゃぐにゃじゃ流石に使えません。画像じゃ分かり難いけど、ねじれも結構あるんです。

比較的マシな部分を切り出せば使えるかもだけど、長い材料が欲しいからわざわざ高い送料を払って10フィートのものを買っているんだから、切ったら意味無いんです。

これで1本2,000円弱。金額だけをみると高くはないけど、ゴミに2,000円を払わされたと思うとちょっとムッとしちゃいますよね。一応修正できないかどうか頑張ってはみようか…。

 

他の木材にも酷い割れ(画像の箇所はまだマシな方)や大きな欠損があったり、

 

穴が開いていたり。

木材は天然素材ですから、乾燥などで割れが発生することは重々承知していますよ。だから割れや傷があっても普段は全然気にしないんですが、誰かがぶつけてつけた傷はそれとは全く違うでしょ?

 

また違う木材にはこんなのがありました。トリマーで溝を掘ろうとしたら目についたこの線のようなもの…なんじゃこれは?

 

ほじくるとホッチキスのようなものが埋まっていました。端から端まで確認すると、全部で3本埋まっていました。気が付かずにそのまま作業を進めていたら酷いことになっていたでしょう。

 

というわけで、今回購入したウェスタンレッドシダーは随分酷い状態だったんです。今回購入させていただいた業者さんはこれまで何度も取引したことがあったからすっかり安心していたんですが、まさかのまさかでしたね。とても残念です。

ウェスタンレッドシダーのようなソフトウッドは柔らかいのでどうしても傷が付きやすいもの。なので丁寧な扱いをする業者さんじゃないとこのようにダメージを負った材料が届くことになるのです。困ったことに木材は送料も高いし、宅急便で届くわけでもないから、もし荷受けの際にダメージや不具合を発見してもそう簡単には返品ができないんです。業者さんとの話し合いは必要になりますし、もし返品できたとしても代替品を手配するのに時間も手間も掛かりますから。余程高価な木材であったり悪質な場合じゃない限り、泣き寝入りのケースがほとんどです。

こんなトラブルを回避するためには、ソフトウッドについてはできればホームセンターの店頭で購入した方がよいでしょうね。わたしも出来るだけそうするようにしているんですが、持ち帰ることを考えると10フィート以上の長い材料だとそれもなかなか大変なんですよね…。

-お庭造りの材料
-,

Copyright© とりあえずやってみよう!の素人DIY , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.