パソコンDIYとBlog

Windows10のSticky Notes(付箋)が起動しない!付箋を読み込めないトラブル

2019年11月7日


少し前にwindows updateをしたらSS3Svc32.exeというダイアログボックスがPC起動時に表示されちゃう〜!?っていう投稿をさせて頂きました。

実は時を同じくして、別のPCでもまた異なるトラブルが発生していたんです。

それは、Microsoft Sticky Notes(付箋)が起動しなくなるというもの。

windows updateなんて、もう嫌いだ!!

 

Microsoft Sticky Notesって何だ?

まずそもそもMicrosoft Sticky Notesって何ですか?って話なんですが、これは所謂「付箋」アプリです。

そう、こういうやつ。

PCのデスクトップ画面にペタッとメモ帳のようなテキストボックスを張り付けることが出来るアプリなんです。これで仕事場のPC周りが紙の付箋まみれにならなくなるぞ!

たしかWindows7から登場したアプリで、その時は「付箋」っていう分かりやすい名前だったんですが、Windows10になってからは「Sticky Notes」っていうハイカラな名前になってしまい、混乱した人もきっと多いハズ。

「Sticky Notes」って「付箋」を英語にしただけのことなんだから、それなら付箋のままで良かったのに…

と、思いきや、最近また付箋って名前に戻っているみたい。結構適当なもんだなぁ。

 

読み込みが完了しないんですけど…

さてそんな便利な付箋改めMicrosoft Sticky Notesですが、Windows updateと共に使用不可能になってしまいました。

症状としては付箋を起動しようとしたら、このように「付箋を読み込んでいます…」というメッセージが一旦表示され、そのまま何事も無かったように消えます。

読み込みはどうなったんですか?

なんてPCに問い合わせてもウンともスンとも言いません。あぁ、わたしのメモ内容は一体どこに行ってしまったんだ…。

 

メモの内容は一応残っているみたい

Microsoft Sticky Notesには当然忘れてはいけないことを記載していたので、このまま閲覧出来ない状態っていうのはマズいんです。とっても、マズいんです。

そこでいろいろ触った結果、付箋の読み込みは出来ないものの、メモしていた内容自体はPC内に残っている様子。

付箋は読み込めないけどタスクバーなどのSticky Notesのアイコンを右クリックして、メモの一覧を選べばこれまでのメモがずらーっと表示されます。

その内容自体を触ることは出来ないけど、とりあえず情報が消えてなくて一安心。とりあえず内容はメモ帳アプリなどに書き写しておきましょう。

 

ゾミ袢穴って何やねん…

さて、メモの内容は無事救出出来たところで、突如起動不可となってしまったMicrosoft Sticky Notesの原因究明に取り掛かることにしましょう。

アプリのことで何か困ったことがあれば、まずは毎度お馴染みの”アプリと機能”。Windowsの”設定”の中にある項目ですね。

 

この”アプリと機能”はアプリをアンインストールする時にお世話になることが多いですよね。しかしそれ以外にもアプリの規定値を設定したり、何かマズいことが起こった時にリセットしたり、関連するプロセスを強制終了させることも出来るんです。

今回は既に以前のメモの内容を無事控えることが出来ているので、とりあえず”リセット”を掛けてみましょう。リセットすると付箋の記載内容も消えるらしいので、内容を控えれてない人は要注意。

アプリを選択すると詳細オプションを選べるようになるので、その詳細オプションをクリック。

 

するとこんな画面が表示・・・って、ゾミ袢穴って何やねん!?

”if this app isn't working right,reset it.The app's data will be deleted.”の意味は流石に分かるけど(リセットしたらデータは消えるよ~って警告)、"ゾミ袢穴"はさっぱり分かりません・・・。広大なインターネットの海の中でもそんな情報は皆無に近い感じ。

調べてせいぜい分かったのは、「袢」っていう漢字が「はん」って読むらしいことと、「袢穴」っていうのが中国語で”ツボ”って意味らしいってこと。by google翻訳様

・・・・。

怪しい・・・。怪しすぎる・・・。

というわけで速攻でリセットを掛けてみましたが、全く症状は改善せず。ちなみに、この謎の文字列もそのまんま。

一応知人にも聞いてみたところ、リセットの項目に英語も含めて何も表示されていない人もいれば、同じようなゾミ袢穴が表示されている人もいるようでした。

別のアプリによっては”if this app isn't working right,reset it.The app's data will be deleted.”だけが表示されている場合もあるし、リセットの項目の表示内容はいろいろとバリエーションがあるようですね。とりあえず、ゾミ袢穴が今回の問題の原因って訳では無さそう。

 

結局再インストールで直りました

リセットしてもどうにもならなかったので、結局Microsoft Sticky Notesはアンインストールして、再度Microsoft Storeから再インストールしたらあっさりと直りました

しかしながら、これまでは「Microsoft Sticky Notes」っていう名称のアプリで、再インストールする時のアプリ名もやっぱり同じく「Microsoft Sticky Notes」で、でもそれなのに実際にインストールしたら「付箋」って名前に変わってました。もう、わけがわからないよ。ちなみに、新しくインストールした「付箋」アプリを起動させたらなにやらインターフェースも若干変わっている様子。

つまり、これってわたしがトラブルで困っているタイミングでバージョンが変わった・・・ということ?それなら古いバージョンとWindows Update後の相性が悪かったのがトラブルの原因?こういう問題はいつも原因が曖昧で結果オーライ的な結論になっちゃうんですが、とりあえず私の場合は再インストールで直りましたって感じです。

PCのソフトやシステム的な問題って、インストールされているソフトウェア等の環境次第でかなり症状も異なるみたい。なので今回のケースが必ずしも皆様に同じように当てはまるかどうかは分かりませんが、この経験がどなたかの参考にでもなれば幸いです。

-パソコンDIYとBlog
-,

Copyright© とりあえずやってみよう!の素人DIY , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.