DIYの道具

TAKAGIの「ジャンピング集草バッグ」はむっちゃ便利でコスパ最高!落ち葉拾いにぴったり。

2019年10月3日


お庭で植物関係の作業、例えば芝刈りだとか落ち葉拾いだとか剪定だとか、そういう作業をすると必ず植物由来のゴミが発生しますよね。

皆様はそのようなガーデニングや家庭菜園で発生したゴミはどのように片付けていますか?

かつてのわたしはスーパーのレジ袋をそこら辺に適当に広げておいて、ぽいぽい気ままにゴミを入れておく感じでした。

満杯になればそのまま袋を縛って燃えるゴミの日に出せますし、何よりも必要な費用はほぼタダなので、本当にお手軽な方法なんですよね。

しかしながら、どうしても袋の口が勝手に閉じてしまいがちなのと、たま~に強い風が吹いたら中身を撒き散らしながら飛んでってしまうのがかなりの難点。

一時期お庭専用のゴミ箱を置くことも検討してみたんですが、やっぱり邪魔だし、何よりゴミ箱ってお洒落なものを購入しようとすると結構高価なので、勿体なくて結局止めました。

そんなお手軽レジ袋派だったわたしですが、この間ホームセンターでナイスなものを見つけちゃったのでご紹介したいと思います。

今ではすっかりジャンピングゴミ箱派となってしまったわたし。これ、めっっちゃ便利ですよ!

 

ポップアップバケツって知ってる?

皆様はポップアップテントってご存知ですか?

最近のレジャーではもはや必須装備かというくらい、多くの人が持っておられますよね。

普通のテントとは違い、ワンタッチでポンっと一瞬で設営出来る大変便利なテントです。

今回ご紹介したいポップアップバケツとは、まさにそのポップアップテントのバケツ版。

コンパクトに折りたためることが出来て、そして更に簡単にバケツ状に展開できるお便利グッズです。ポップアップトラッシュボックスとか、ダストバッグとか、いろんな呼び方があるみたい。

このポップアップバケツはキャンプの時のゴミ箱にも使用されているようで、ザ・キャンプ用品メーカーであるcolemanからも発売されています。colemanの製品は蓋が付いていて良いですよね~。

はっきり言って見た目は全然お洒落じゃないけど、必要な時だけバケツ状にして、そこに45Lのゴミ袋をセットしておければ一瞬にして軽くて便利なゴミ箱が設置出来るってわけ。必要ない時は折り畳んで片付ければいいので、お洒落じゃない見た目も全く問題となりません。

ただのレジ袋とは違い、これなら袋の口のシャキッと開いておいてくれるし、風が吹いても飛んでいくことはないでしょう。そう、このポップアップバケツはまさにわたしが探していたものじゃないか!

しかしながら、残念なことも1点あって、それはお値段

便利なのは分かるけど、特にキャンプ用のやつなんかは結構高価で、3,000~4,000円する様子。

いや、もちろん購入出来ない金額では全然ないんだけど、多少の不便に目をつむればレジ袋で代用できるようなものに数千円…そう思うとなかなか手が出せなかったんですよね。

 

TAKAGIの製品はコスパ最高!

そんな悩めるわたしがたまたまホームセンターで発見したのがこちら。

TAKAGIのジャンピング集草バッグ

名前がまた微妙に違うけど、これはまさしくポップアップバケツそのものじゃないか!

気になるお値段は、なんとcolemanの約1/3程度。これなら迷わず買える!

 

というわけで、即決で購入して我が家にやってきました。

素材は土嚢とかブルーシートで使われているような、艶があってやや硬めの繊維。はっきり言って相当安っぽい感じ。いや、実際安いから文句は一切ないんだけど。

生地の内部にはスプリング状に針金が仕込まれているので、その針金の力でシャキッと自立します。見た目以上にしっかりしていますよ。

 

パッケージ上の容量は60Lだけど、このように家庭では最も一般的なゴミ袋と思われる45Lのポリ袋もそこそこジャストサイズで収まります。

 

セットしたポリ袋が外れないよう、プラスチック製のクリップが4つ付属します。

が、このクリップはあまりに小さすぎて一瞬で紛失してしまいました。

 

今ではこのように無印良品の洗濯ばさみで代用しています。

この選択ばさみはステンレス製で錆びる心配がないので、屋外での使用にぴったり。クリップも大きいので掴みやすく、とても使いやすいです。

 

45Lのポリ袋を開口部たっぷりで使用することが出来るので、ポイポイ、ポイポイ、何も考えずにゴミを捨てることが出来ます。とっても快適。

また、ゴミ箱としての重量はほとんど無いくらいに軽いので、片手でひょいっと持ち上げてお庭中に簡単に持ち運ぶことができます。とっても便利。

もちろん、水分を含んでいるような葉っぱを大量に突っ込んだりしたら、当然重たくなりますよ。

 

片付ける時は上から押さえつけるだけ。

それだけでこのようにぺったんこになります。

 

ぺったんこにしただけでは内部に仕込まれた針金によりバケツに戻ろうとする力が働くので、その力を押さえつける為にこのようなボタンで固定します。このボタンを2箇所固定するだけでお片付け完了。とっても簡単でしょ?

 

ポップアップバケツって超便利

というわけで、本日はポップアップバケツのご紹介でした。

コンパクトに収納出来て、ゴミ箱としての機能は十分で、でも軽い。そんなポップアップバケツは本当に便利。キャンプのようなアウトドアで役立つのも納得の性能ですが、わたしのようにお庭で使うにもばっちり。

今回たまたまホームセンターで発見したTAKAGIの製品は価格もお手軽なので、もう文句のつけようがありません。

これから落葉の季節ですので、軽量なポップアップバケツを片手に落ち葉拾いなんて如何でしょうか?

-DIYの道具
-,

Copyright© とりあえずやってみよう!の素人DIY , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.