子供の成長やDIY作業の記録に欠かせない『カメラ』に関する記事


わたしはカメラが好き。カメラって子供の成長や、DIY作業の記録には欠かせない道具ですよね。iphoneのようなスマホのカメラまで含めると、カメラを持っていないという人の方が珍しいかもしれませんね。

わたしは、

  • カメラの用途は主に子供とDIY作業、お庭の植物の撮影がメイン
  • 撮影は主に絞り優先モード。絞り値は分かり易くていいよね
  • RAW現像なんてやったことが無いし、やろうと思ったことも無い
  • レンズの描写性能は正直全然分からない。ライカ色?全然分かんない…
  • でもいろんな画角の交換レンズは試してみたいなぁ(画角の違いって分かり易くていいですよね)

という、まぁ全然素人レベルです。そんなヘッポコさんですが、ヘッポコレベルなりに感じたことなどをいろいろ記事にしております。同じような機材をお持ちの方の参考になれば幸いです。

カメラに関する全ての記事

カメラの機材レビューや周辺機器の紹介、撮影した写真の見せびらかし等、”カメラ”に関する全ての記事です。

⇒ カメラに関する全ての記事はこちら

Panasonicのカメラに関する記事

わたしのカメラとの付き合いは、大学生の時に購入したPanasonic製のコンデジ『LUMIX LC-70』から。それ以来、FUJIFILMやSONY、NIKONやRICOHのカメラを使ったこともありますが、それらはあくまでも併用で、Panasonicのカメラが常にメインカメラでした。決してPanasonic信者という訳じゃないのですが、こうしてPanasonicのカメラを使い続けてきたということは、操作性や用途がわたしに合っていたのでしょうね。そんなわたしにとって欠かせないカメラであるPanasonicのカメラに関する記事です。

⇒ Panasonicのカメラに関する記事はこちら

オールドレンズに関する記事

フィルムカメラ時代のマニュアルフォーカスレンズを一般的に『オールドレンズ』と呼ぶそうです。道具という観点では現代のオートフォーカスレンズには到底敵いませんが、温かいレトロな描写と、いかにも”写真を撮ってます”と感じる操作性がとても楽しいレンズです。価格もかなり安いので、気軽に遊べるもの嬉しいポイント。そんなオールドレンズに関する記事です。

⇒ オールドレンズに関する記事はこちら

FUJIFILMに関する記事

レトロな外観と操作性にすっかり心を射抜かれてしまい、我が家にやってきたFUJIFILMのミラーレスカメラ。もっぱらオールドレンズ専用機として運用するハズだったのに、いつの間にかXマウントのレンズも我が家にやってきました…。Panasonicのカメラと共存は可能なのか!?Panasonicユーザーの視点からFUJIFILMのカメラについて感じたことの記事です。ちなみに、ヘッポコなわたしは”ライカ色”同様、”FUJI色”もさっぱり分かりません。

⇒ FUJIFILMに関する記事はこちら