シロツメクサ(クローバー)の紹介

シロツメクサ(クローバー)の紹介

お庭に植物を植えたいけど、園芸のことなんて分からない!調べても肥料のこととかなんだか難しい・・・そんな方の為にお届けする、ド素人のわたしの経験による植物紹介。

※ 園芸に関してはさっぱりやる気も知識もないわたしの経験によるものですので、間違いや思い込みも多々あるかもしれません。ゆるーい気持ちで参考にして下さい。

第一回目はクローバーの名前ですっかりお馴染みのシロツメクサ。わたしはこいつで痛い目に合ってます(現在進行中)。

シロツメクサ(クローバー)ってどんな植物?

一言でいうなら、

(思ってたよりも)デカくて、無限に繁殖するような生命力のある植物。植えるには覚悟が必要かも。

入手先 ホームセンター(種で売ってました)
一年草?多年草? 多年草(ただし夏と冬に枯れる)
嫌な虫くる? 特に来なかったが、いろんな虫の隠れ場所になる
手間かかる? かからない。完全放置
育てる難易度 非常に簡単
おすすめ度 (低)★★☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆(高)【2点/10点中】
その他 花冠を娘に作ろうと思って植えたら大失敗

シロツメクサ(クローバー)を植えた理由

グランドカバープランツって知ってますか?お庭が土のままだと雨でドロドロになるし、かといって晴れの日は砂ぼこりが舞ってよろしくありませんよね。そうならないように土の部分に背丈が低くて横に広がるタイプの植物を植える方法が広く知られていますが、その際に使用する植物をグランドカバープランツっていうのです。

グランドカバープランツの代表と言えば芝生ですが、少し変わったグランドカバープランツとして名前が挙がるのが今回紹介するシロツメクサ。

当時わたしはグランドカバープランツとして既に芝生を使用していたのですが、クローバーがお庭全体に広がっているなんて可愛らしいじゃないか!花が咲いたら娘に花冠を作ってやれるじゃないか!という、今考えると恥ずかしい甘っちょろい理由でシロツメクサを植えることにしたのでした。

購入先は近所のホームセンター。シロツメクサと一言で言ってもいろいろ種類があるようですが、パッケージにはシロツメクサとしか記載されていなかったので、どの種類かは未だに分かりません。

実際にシロツメクサ(クローバー)を育てて分かったこと

予想以上にでかくなります

シロツメクサは3月位に種を撒いたのですが、春になるとみるみる大きくなっていきました。

芽が出たと思ったらあれよあれよと言う間に大きくなり、4月中旬にはこんな感じにまで成長。この時点で既に背丈は10cmを楽々超えています。しかも密集して生えているもんだからまるでカイワレのような見た目

とてもじゃないですがこの上を歩くなんて考えられません。グランドカバープランツとしての用途なんて、絶対無理!!

さっきの写真から更に半月ほど経過。成長の勢いは留まることを知らず、地面が見えなくなりました。ある意味グランドカバープランツとしては優秀なカバーっぷりですが、なんせ背丈が高すぎぃ!

5月になると花が咲きます。この花を使って花冠を作るという目的は十分達成できました。

そうそう、花冠って花を編みこむようにして作るんですよね。花冠を作る時に気が付いたんですが、花を編みこむってことは当然茎が長い(=背丈が高い)ってことですし、そういえば昔の記憶をよくよく思い出すと、記憶の中のシロツメクサも結構背丈が高かったなぁ、と。つまり、シロツメクサ背丈高すぎ!!って騒いでいるのは完全にわたしの勘違いから生じた悲劇なんですねぇ・・・

しかしながら、記憶の中のシロツメクサは絶対にこんなに茂ってませんでした。6月に入ると種を撒いた花壇が完全に呑み込まれちゃいました。多分、種を撒いて育てるのと、道端で生えているやつとでは密度が断然違うのでしょう。もしこのエントリーを見ても種を撒いて育てたい!という方がおられたとしたら、種の撒きすぎに注意して下さい

ちなみに、実際に植える前のわたしの中での完成予想図はこんな感じだったんです。

これは近所の公園なんですが、背丈の低いクローバー(実際クローバーなのかもわかりませんが)がまばらに生えている感じ。日当たりの都合で汚く写ってますけど、実際は可愛いですよ!

サイズ感はこんか感じ。わたしが育てたものとは全然違いますね。カタバミに近い品種かな?

植えた場所以外にも広がります

とある園芸本に、広がるスピードが速いので地面に植える時は仕切りをしましょうって書いてあったのをすっかり信じておりましたが、種を撒き散らす為か、それ以外の場所にも平気で広がります

先ほど紹介した通りシロツメクサの勢いが余りにも激しいので、その後早々に撤去することになってしまいました。それでも周囲に種を撒き散らしていたらしく、撤去から3年経過した現在でもシロツメクサとの戦いは続いています。

もの凄い生命力でぐんぐん広がっていきますので、見つけたら即撤去しましょう。放っておくと下に、横に根をぐいぐい伸ばしていくので完全な撤去が難しくなります。

これ程までに生命力逞しい植物なので、育てたい方にとっては特に肥料などのお世話が不要な楽チンな植物とも言えます。もちろん、水遣りも不要です。水を遣らないだけで枯れてくれたら苦労はしないのですが。

シロツメクサは種だけではなく強靭な地下茎で横方向に広がっていきます。この茎が結構やっかいで、抜くときに残すとそこからまた伸びてきますので、丁寧に取り除く必要があります。

シロツメクサについてまとめ

独特な葉っぱ形状や可愛らしい白い花、地面に窒素分を蓄える機能など、メリットも多くある植物ですが、一度植えるとなかなか撤去が困難という大きなデメリットもある植物です。寒冷地の牧草として育てられることがあるというのも納得の性質ですね。

アブラムシが来やすいというような情報もありましたが、わたしの場合は特に目立って害虫は来ませんでした。しかしながら背丈と密集度の為、根元はあらゆる虫たちの隠れ場所になっているようでした。根本的に虫が嫌いだ!!という方は、密集しないような植え方の工夫をする必要があるでしょう。